災害時の感染対策、全国で コロナ機に避難所改善兆し

 2月、宮城、福島で震度6強を観測、間仕切りされたテントが設置された福島県相馬市の避難所
 2月、宮城、福島で震度6強を観測、間仕切りされたテントが設置された福島県相馬市の避難所
新型コロナウイルス感染が広がる中での災害に備え、避難所の感染防止やホテルへの分散避難などの対策について、47都道府県と20政令指定都市の全てが取り組んでいることが26日、共同通信の調査で分かった。 避難者が寝起きする「段ボールベッド」の備蓄.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録