セブンの買収、米当局合意/293店売却、独禁法違反の懸念解消

 スピードウェイのガソリンスタンド併設型のコンビニ(右奥)=2020年2月、ニューヨーク(共同)
 スピードウェイのガソリンスタンド併設型のコンビニ(右奥)=2020年2月、ニューヨーク(共同)
【ニューヨーク共同】米連邦取引委員会(FTC)は25日、米セブン―イレブンが米コンビニ運営会社スピードウェイの買収に関し、293店舗を売却することで合意したと発表した。独占禁止法(反トラスト法)違反への懸念を解消し、買収が承認されることにな.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録