天鐘(6月26日)

先頃、ブダペストから届いた柔道世界選手権のニュースは一服の清涼剤の趣があった。話題になったのは、女子78キロ超級で優勝した朝比奈沙羅選手の振る舞いである▼試合後、相手の冨田若春選手のけがに気付き、歩けない彼女を背負って退場した。その光景に会.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録