Free三浦哲郎さんの作品や資料展示 八戸市立図書館で企画展

三浦哲郎さんの作品を手に取る来館者
三浦哲郎さんの作品を手に取る来館者

八戸市立図書館(田茂隆一館長)で、企画展「読んでみよう!三浦哲郎」が開かれている。同市出身の芥川賞作家三浦哲郎さんの作品93タイトルのほか、三浦さんが実際に使用していた筆記用具など貴重な資料を展示している。7月13日まで。

 三浦さんは市内にある学校の校歌の作詞や、教科書に作品が掲載されるなど中高生になじみのある作家。同館が、知っている作品をきっかけに、さらに興味を持ってほしい―と企画した。

 館内には中学2年の国語の教科書に掲載されている「盆土産」が収録された短編集や、劇団四季のミュージカルにもなった小説「ユタと不思議な仲間たち」のほか、郷土や家族のことをつづった随筆が並ぶ。来館者は読んだことのある作品を懐かしみながら、三浦文学について理解を深めた。

 同館の磯嶋奈都子副館長は「芥川賞作家というと難しいイメージがあるかもしれないが、随筆や短編集など手に取りやすいものから読んで親しんでほしい」とPRしている。

お気に入り登録