奄美でフグ繁殖本格化 幾何学模様の産卵床に

 産卵床で寄り添うアマミホシゾラフグの雌(左)と雄=20日、鹿児島県の奄美大島沖(興克樹さん提供)
 産卵床で寄り添うアマミホシゾラフグの雌(左)と雄=20日、鹿児島県の奄美大島沖(興克樹さん提供)
鹿児島県の奄美大島沖に生息する「アマミホシゾラフグ」の繁殖が本格化している。雄が海底の砂地に直径約2メートルの幾何学模様の床を作り、真ん中に雌を呼び込んで産卵。雄が雌の頭をかんで寄り添う姿が見られる。産卵は7月ごろまで続く。 奄美市の自然写.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録