Free根城の広場で梅の収穫楽しむ 八戸・長坂保育園の園児たち

梅の実の収穫を楽しむ園児
梅の実の収穫を楽しむ園児

八戸市の長坂保育園(川口司園長)の園児45人はこのほど、同市の史跡根城の広場で梅の収穫体験を行った。園児たちは楽しそうに梅の実をもぎ取り、根城の歴史に触れた。

 八戸圏域版DMO(観光地域づくり推進法人)「VISIT(ビジット)はちのへ」が企画。収穫体験を通じて、中世の城郭を復元した史跡根城に親しみを持ち歴史に触れてもらう狙いで、2019年から毎年実施している。

 根城では、籠城に備えて実がなる木を植えていたとされ、発掘調査で出土した種子の鑑定結果を基に、梅や桃、クルミなどの木を植栽している。

 担当者が「昔はここにお城があってお殿様が住んでいた」「梅は300種類ある」などと、根城の歴史や梅の特徴を説明。その後、園児たちが先生に支えられながら脚立に登り、梅の収穫に挑戦した。

 中村遥乃ちゃん(6)は「大きい梅がいっぱい取れて楽しかった」と喜んでいた。

お気に入り登録