「八戸版職域接種」実行委が発足 20超の企業群からすでに相談

八戸市が導入する八戸版新型コロナウイルスワクチン職域接種方式で、市や関係機関で組織する実行委員会が24日、発足した。市庁で開かれた同日の初会合で、事務局の市は現在、20を超える「企業群」から職域接種の相談を受けていることを明らかにした。 一.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録