「身に覚えない」起訴内容を否認 病院から逃走の山谷被告初公判

傷害や恐喝未遂などの罪で起訴され、勾留執行停止中に入院先の病院から逃走した青森市、無職山谷昭彦被告(61)の初公判が24日、青森地裁(長橋政司裁判官)であり、山谷被告は「全部身に覚えのないこと」と起訴内容を否認した。 起訴内容などによると、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録