【美浜3号機再稼働】高齢化原発への依存顕著 40年ルールは形骸化

 既存原発の活用案
 既存原発の活用案
運転開始から40年を超えた関西電力美浜原発3号機(福井県)が再稼働した。関電高浜1、2号機(同県)も後に続く見通しで、東京電力福島第1原発事故を踏まえてできた「運転期間40年ルール」は形骸化しつつある。原発の「高齢化」が進む中で、政府と電力.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録