「在籍型出向」拡大へ協議会設立/青森県内の経済、労働団体

新型コロナウイルスの影響で雇用環境が不安定化する中、青森県内の経済、労働関係の16団体は23日、県在籍型出向等支援協議会を設立した。一時的に雇用過剰となった企業が雇用契約を維持したまま、人手不足の企業に従業員を出向させる「在籍型出向」を広げ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録