陸軍大将・柴五郎の生涯、切々と 下北文化会館で舞台「北の慟哭」

俳優の大和田伸也さん(右)が柴五郎役を務めた詠み語り劇「北の慟哭―柴五郎の遺書―」の一場面=19日、むつ市
俳優の大和田伸也さん(右)が柴五郎役を務めた詠み語り劇「北の慟哭―柴五郎の遺書―」の一場面=19日、むつ市
会津藩士の家に生まれ、少年時代を斗南藩領・下北半島で過ごし、後に陸軍大将に上り詰めた柴五郎(1860~1945年)に光を当てた舞台「詠み語り劇 北の慟哭(どうこく)―柴五郎の遺書―」が19日、むつ市の下北文化会館で上演された。昼夜2回の上演.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録