公表意向、トーンダウン? 青森県、市町村別感染者数発表に慎重姿勢

青森県内の新型コロナウイルス感染者の居住地を市町村で公表することについて、県健康福祉部の奈須下淳部長は18日の県議会定例会一般質問で、「適切な公表の在り方について引き続き検討していく」として慎重な姿勢を示した。9日には三村申吾知事が公表に向.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録