身近な海、漂着ごみから守る 種市小児童が分類調査

漂着ごみを項目ごとに分類する児童
漂着ごみを項目ごとに分類する児童
洋野町立種市小(山下秋雄校長)の4年生36人は11日、八戸海上保安部と協力し、種市漁港北側海岸で拾い集めた漂着ごみの分類調査を行った。児童らは分別をしながら自身の生活を振り返り、身近な海を守る大切さを実感した。 同校は海上保安協力校に指定さ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録