【岩手県聖火リレー】母子で聖火ランナーに

母子で五輪聖火リレーランナーとなった北田雅士さん=二戸市(代表撮影)
母子で五輪聖火リレーランナーとなった北田雅士さん=二戸市(代表撮影)
1964年東京五輪の聖火リレーにゆかりのあるランナーも県北地方を駆け抜け、希望の炎をつないだ。 二戸市を走った北田雅士さん(47)は、45歳で亡くなった母福子さんが64年の聖火ランナーで、今回は「母が見た景色を見てみたい」と応募した。大役を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録