【岩手県聖火リレー】「復興支援に感謝」 県北ランナー、思い胸に炎つなぐ

被災地・久慈市で前の走者から炎を受ける最終ランナーの二十山仁さん(右)=16日、同市
被災地・久慈市で前の走者から炎を受ける最終ランナーの二十山仁さん(右)=16日、同市
東京五輪の聖火リレーが16日、岩手県内で始まり、雫石町を皮切りに10市町村で87人が炎をつないだ。県北地方では一戸町、二戸市、洋野町、野田村、久慈市を聖火が巡った。ランナーは東日本大震災からの「復興五輪」に位置付けられた五輪への期待を込め、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録