「顔役」の天皇陛下、どう関与 コロナ禍五輪で名誉総裁

 1964年10月、東京五輪開会式で開会を宣言する昭和天皇=国立競技場
 1964年10月、東京五輪開会式で開会を宣言する昭和天皇=国立競技場
東京五輪・パラリンピックで、天皇陛下は両大会の名誉総裁を務められ、開会式で開会宣言を行うことが検討されている。過去の大会で皇室は「顔役」として、交流行事や競技観戦を通じ、盛り上がりに一役買った。今回、新型コロナウイルス禍での開催は反対世論も.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録