聖火、再び被災地へ/岩手でリレー開始

 聖火リレーが岩手県で始まり、第1走者として走る村上優空さん=16日午前、雫石町
 聖火リレーが岩手県で始まり、第1走者として走る村上優空さん=16日午前、雫石町
東京五輪の聖火リレーが16日午前、岩手県で始まり、3月に福島県を出発した聖火が、東日本大震災の被災地に戻った。初日の雫石町では大学4年村上優空さん(21)が走り、スキージャンプの小林陵侑選手(24)が出身の八幡平市で聖火をつなぐ。 村上さん.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録