時評(6月16日)

英国で開かれた先進7カ国首脳会議(G7サミット)は、「台湾海峡の平和と安定の重要性」を初めて明記し、中国を名指しして人権尊重を要求する首脳声明を採択した。 米国が専制主義とみなす中国への対抗姿勢を鮮明にし、民主主義陣営の結束をアピールした。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録