【ペルー大統領選】フジモリ氏、逆転望み薄か 不正訴え徹底抗戦

 12日、ペルーの首都リマで開いた支持者集会で演説するケイコ・フジモリ氏(AP=共同)
 12日、ペルーの首都リマで開いた支持者集会で演説するケイコ・フジモリ氏(AP=共同)
大接戦となったペルー大統領選決選投票は、今月6日の投開票から1週間以上たっても結果が判明しない異例の事態が続く。僅差で負けている中道右派ケイコ・フジモリ氏(46)は不正を訴えて徹底抗戦の構えで、決着にはさらに時間がかかりそうだ。フジモリ氏に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録