【G7サミット閉幕】直談判で直前決着 仏独難色の「台湾」明記

 記念撮影後にフランスのマクロン大統領(右から2人目)らと話すバイデン米大統領や、菅義偉首相(左端)=11日、英コーンウォール(AP=共同)
 記念撮影後にフランスのマクロン大統領(右から2人目)らと話すバイデン米大統領や、菅義偉首相(左端)=11日、英コーンウォール(AP=共同)
先進7カ国首脳会議(G7サミット)は初めて首脳声明に台湾情勢を盛り込んで13日に閉幕した。覇権主義的な動きを見せる中国をけん制する狙いだが、経済や気候分野で中国の協力を得たいフランスやドイツが難色を示した。首脳同士の直談判にもつれ込み、日米.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録