【G7サミット・解説】多国間主義への回帰鮮明

【解説】13日閉幕した先進7カ国首脳会議(G7サミット)は、米国の大統領が自国第一主義のトランプ氏から国際協調を重視するバイデン氏に代わったことで多国間主義への回帰を鮮明にした。首脳声明は、中国の人権問題や非市場経済志向を名指しで批判したが.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録