青森県信用組合、2期連続の赤字 社債の減損処理で

青森県信用組合(堀内元博理事長)は11日、青森市で総代会を開き、2021年3月期(20年4月~21年3月)の決算を承認した。純損益は5億8200万円の赤字で、赤字幅が前期の64億5千万円から58億6700万円縮小した。20年3月期に、不良債.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録