時評(6月12日)

ミャンマーで国軍がクーデターを起こしてから4カ月が過ぎた。国軍は市民らへの殺りくをやめず、暴力と民主派の排除により軍政維持の既成事実化を図っている。国際社会は、卑劣な国軍による軍政の維持を許さず、一致協力して軍政を終わらせるよう導いていくべ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録