初夏サンマ漁、継続困難に 資源減で採算合わず

 サンマの漁場のイメージ
 サンマの漁場のイメージ
秋の本番を前に、北太平洋公海で5~7月に行われる「初夏のサンマ漁」が、昨年に続いて出漁ゼロの見通しが強まり、早くも漁の継続が危ぶまれている。2019年に本格操業が始まったばかりだが、漁場が遠い上に資源減で漁獲が見込めず、採算が合わない。 「.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録