低調の中に好転の兆候 ゴルフ松山、次は全米OP

 米ゴルフツアーのメモリアル・トーナメント最終日、4番でアプローチショットを放つ松山英樹。通算8オーバーで62位に終わった=6日、ミュアフィールドビレッジGC(共同)
 米ゴルフツアーのメモリアル・トーナメント最終日、4番でアプローチショットを放つ松山英樹。通算8オーバーで62位に終わった=6日、ミュアフィールドビレッジGC(共同)
低調な成績の中にも、好転の兆候があった。男子ゴルフの松山英樹が米オハイオ州ダブリンのミュアフィールドビレッジGC(パー72)で実施された米ツアー、メモリアル・トーナメントで通算8オーバー、296で62位に終わった。最終日の6日は76で「残念.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録