仁左平小児童、パラ競技の魅力体感/二戸

寄贈されたボールを使い、ボッチャを楽しむ児童
寄贈されたボールを使い、ボッチャを楽しむ児童
二戸市立仁左平小(馬淵千加校長)は2日、毎年夏にチャリティー番組「24時間テレビ」を放送する全国31局で組織されるチャリティー委員会から、パラスポーツの体験キットを寄贈された。児童らは早速、授業で用具を使い、障害の有無を問わず楽しめる競技の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録