【トヨタのパワハラ自殺】「悲劇」撲滅できるのか 世界的企業に課題

 トヨタ自動車の主な再発防止策
 トヨタ自動車の主な再発防止策
トヨタ自動車の男性社員=当時(28)=が上司のパワーハラスメントを受けて自殺した問題で、遺族との和解が成立した。3年半以上もかかり、当初、危機感が薄かったことがうかがえる。「パワハラを断固として許さない」。再発防止の取り組みにどうやって実効.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録