【県高校総体】意地見せた最後の“1射”/八戸工

【弓道男子団体決勝】準Vだった八戸工の(左から)高橋諒成、佐々木優作、中山新一朗、服部真大、久保雅史
【弓道男子団体決勝】準Vだった八戸工の(左から)高橋諒成、佐々木優作、中山新一朗、服部真大、久保雅史
5人一組、1人16射の計80射で争った弓道男子団体では、八戸工が準優勝。先月の春季大会では優勝していただけに、落ち(5人目)の久保雅史は「全国出場の目標をかなえられず悔しい。心に隙があったのかな…」と肩を落とした。 今大会は予選からの累計的.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録