周辺公共施設と複合的に整備へ 八戸市の「(仮称)新潮観荘」構想

かつて潮観荘があった跡地(上)と南浜公民館。新潮観荘構想は周辺の公共施設と複合的に整備する方向で検討されることになった=八戸市の種差海岸エリア
かつて潮観荘があった跡地(上)と南浜公民館。新潮観荘構想は周辺の公共施設と複合的に整備する方向で検討されることになった=八戸市の種差海岸エリア
八戸市が種差海岸エリアへの整備を模索する「(仮称)新潮観荘」の構想について、小林眞市長は7日、南浜公民館や南浜市民サービスセンターといったエリア内の公共施設と複合的に整備する方向で検討を進めることを明らかにした。かつて「潮観荘」があった跡地.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録