不法就労助長疑いの経営者ら3人不起訴/地検八戸支部

青森地検八戸支部は7日、入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで、昨年10月に逮捕された飲食店経営の60代男性ら3人を不起訴処分にしたと発表した。4日付。 男性らは昨年1月25日から9月7日まで、「興行」や「短期滞在」の在留資格で日本にいたフ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録