受託田での田植えに汗 新郷村農業後継者の会

受託田で田植えを行う会員
受託田で田植えを行う会員
新郷村農業後継者の会(佐々木健司会長)は1日、担い手不足の農家から請け負った水田で田植えに汗を流した。 同会は1974年に発足し、現在の会員は20~50代の21人。受託田での田植えは、休耕田の有効利用を図ることに加え、農家の若者に後継者とし.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録