鮫地域のオオハンゴンソウ駆除 八戸高等支援学校が環境保護

オオハンゴンソウの駆除を行う生徒たち
オオハンゴンソウの駆除を行う生徒たち
青森県立八戸高等支援学校(大崎光幸校長)産業科の生徒16人が5月31日、八戸市鮫町のガーデンレストラン「フェザント」周辺で、特定外来生物に指定されているオオハンゴンソウの駆除を行い、地域の環境保護に努めた。 駆除作業は、三陸復興国立公園の自.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録