時評(6月7日)

青森銀行、みちのく銀行が経営統合に向け、準備委員会を立ち上げた。行内融和、システム統合、店舗配置の見直しなど、山積する難題にどう向き合っていくか。これから本格化する統合協議の行方が注目される。 両行は2022年4月の持ち株会社設立を目指して.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録