【A級戦犯の散骨】遺族ら、冷静に受け止め

東条英機元首相のひ孫の英利さん=5月、東京都内
東条英機元首相のひ孫の英利さん=5月、東京都内
A級戦犯7人を処刑後、太平洋に散骨したと書かれた米軍の公文書発見を受け、東条英機元首相のひ孫東條英利さん(48)は「遺骨がどこかに廃棄されるより、海への散骨で自然に返されたのはましだ」と冷静に受け止めた。広田弘毅元首相の孫広田弘太郎さん(8.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録