【山県9秒95】100メートル代表争い激烈に

男子100メートルで山県が日本人4人目の9秒台突入を果たし、東京五輪の代表争いはかつてないレベルでの争いとなる。10秒01を出した多田も含めて10秒05の五輪参加標準記録を突破した選手は5人に達し、3枠を巡る争いは激烈を極める。 日本陸連の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録