【山県9秒95】雌伏の時経て日本最速 コーチつけ10秒の壁破る

 陸上布勢スプリントの男子100メートル決勝で9秒95の日本新をマークし、ポーズをとる山県亮太=6日、鳥取市のヤマタスポーツパーク陸上競技場
 陸上布勢スプリントの男子100メートル決勝で9秒95の日本新をマークし、ポーズをとる山県亮太=6日、鳥取市のヤマタスポーツパーク陸上競技場
ライバルに続々と9秒台を先に出され、相次ぐ故障にも見舞われた。陸上男子100メートルの山県亮太は雌伏の時を経て、悲願の「10秒の壁」を破っただけにとどまらず、一気に日本最速の称号まで手にした。開幕の迫る東京五輪へ弾みをつけた。 10日で29.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録