Free朝のニュースダイジェスト(6月6日)

【ワクチン接種、下北地域で進む】
 下北地域で新型コロナウイルスの高齢者向けワクチン接種がスムーズに進んでいる。5日までにむつ市では高齢者の約4割が1回目の接種を済ませたほか、風間浦村では、2回目も含めて希望者のほぼ全員が接種を終えた。

 【ソフトテニス、工大一が男女頂点】
 青森県高校総合体育大会は5日、県内各地で26競技が行われた。県南勢は、ソフトテニス団体で工大一が男女共に頂点。相撲団体は三農・恵拓が優勝した。レスリング団体は工大一が制した。

 【入院患者3人が新型コロナ感染】
 青森県立中央病院(青森市)は5日、入院患者3人の新型コロナウイルス感染を発表した。外来は通常診療を継続するが、一つの診療科で7日から当面の間、入院を制限する。

 【巣ごもり背景にふるさと納税好調】
 新型コロナウイルス感染拡大に伴う、巣ごもり生活の増加を背景に、青森県南地方でふるさと納税の寄付額が好調に推移している。地方を応援したいという思いに加え、各地の魅力ある返礼品も寄付額を押し上げている。

 【山岸さん先勝】
 第43期朝日アマチュア将棋名人戦三番勝負が5日、東京都千代田区の日本棋院で始まった。八戸市出身の山岸亮平さん(23)=静岡県立大4年=が、朝日アマ名人のタイトルを持つ横山大樹さん(30)=札幌市=に挑み、第1局は山岸さんが先勝。タイトル獲得まであと1勝とした。

お気に入り登録