「全世代型」へ道筋見えず 社会保障、負担減は限定的

 医療費2割負担を巡る経過
 医療費2割負担を巡る経過
75歳以上の後期高齢者に新たな窓口負担を求める医療制度改革関連法が4日、成立した。政府は一定の収入がある高齢者にも応分の負担を求め、現役世代を含めた「全世代型社会保障」につなげたい考えだ。しかし、現役世代の負担軽減効果は限定的で、高齢化がピ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録