カップヌードルがシール廃止 ふたの形状変更でプラ削減

 日清食品「カップヌードル」の従来のふた(右)と新形状のふた
 日清食品「カップヌードル」の従来のふた(右)と新形状のふた
日清食品は4日、今年で発売50周年となる「カップヌードル」で、お湯を注いだ後にふたを留めるシールを廃止すると発表した。環境対応として、プラスチックの使用量を年間33トン削減できると見込む。 カップ麺のふたの形状を変更し、開け口を二つに増やし.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録