アジアL、今秋開幕断念/アイスホッケー

アイスホッケーのアジア・リーグは4日、新型コロナウイルスの影響で2021~22年シーズンの9月開幕を見送ると発表した。日本、韓国、ロシアから計7チームが参戦予定だが、入国後の自主隔離などが求められるため断念。今後は12月からの開催を検討する.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録