【改正著作権法成立】2年内導入の図書館新サービス 詳細未定、懸念根強く

 図書館の新サービスと従来との違い
 図書館の新サービスと従来との違い
図書館が蔵書や資料をメールやファクスなどで利用者に送信できるようにする改正著作権法が成立した。新たなサービスは遅くとも2023年6月には導入可能となる。ただ作家らへ支払われる補償金額や送信できる分量など制度の詳細が決まるのはこれから。利便性.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録