海藻、温暖化救世主なるか 家畜飼料でメタン削減 豪でプロジェクト 

 カギケノリ入りの餌を食べるウシ(フォンテラ提供・共同)
 カギケノリ入りの餌を食べるウシ(フォンテラ提供・共同)
海藻が地球温暖化対策の救世主になるか―。ウシやヒツジなど反すう動物のげっぷやおならに含まれ、温暖化の一因とされるメタンガス。日本にも広く分布する赤紫色の海藻「カギケノリ」を飼料に混ぜることでこのガスの生成を抑え、排出量の削減を目指すプロジェ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録