逆風吹く「夢の超特急」 建設残土処理や環境破壊に懸念

 全国の新幹線鉄道網
 全国の新幹線鉄道網
各地の新幹線建設に逆風が吹いている。1964年の東海道新幹線開業当時は「夢の超特急」ともてはやされたが、建設残土による健康被害、自然環境悪化を懸念する住民らの反発が目立つようになった。工事が遅れれば、完成がずれ込み後続の計画にも響きそうだ。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録