奥深い言葉の世界、書と絵で表現 はちのへ川柳社が色紙展

一句一句の世界観を表現した色紙が並ぶ会場
一句一句の世界観を表現した色紙が並ぶ会場
「はちのへ川柳社第1回同人作品色紙展」が6月1日、八戸市文化教養センター南部会館で始まる。川柳社の同人17人の川柳を、同市の書家で同館の特任館長の杉本敦子さんが書と絵で表現。一人一人が紡ぎ出した言葉の世界を、視覚的にも楽しめるよう工夫された.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録