イラクの平和へ「共感力」を 高遠菜穂子さん、子どもらに読み聞かせ

 イラク北部クルド人自治区ドホーク近郊の少数派ヤジド教徒の難民キャンプで読書支援をする高遠菜穂子さん(中央)=4月
 イラク北部クルド人自治区ドホーク近郊の少数派ヤジド教徒の難民キャンプで読書支援をする高遠菜穂子さん(中央)=4月
2004年にイラクの武装勢力に拘束され、その後解放された高遠菜穂子さん(51)が、イラク北部クルド人自治区で難民の子どもらに紙芝居や絵本の読み聞かせを続けている。物語で他者への「共感力」を身に付け、将来の平和につなげてもらう狙い。新型コロナ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録