Free朝のニュースダイジェスト(6月1日)

【津軽地域で病床使用率8割超】
 青森県は31日、新型コロナウイルスに感染した人の入院に伴う医療圏域別の病床使用率(30日時点)を初めて明らかにした。病床使用率は津軽地域(弘前市など)で84%に上った。

 【感染対策で飲食店の認証制度導入へ】
 青森県の三村申吾知事は31日、新型コロナウイルスの感染防止対策を適切に実施している飲食店を第三者が認証する制度を導入すると発表。対策を新たに講じる中小の飲食店には費用を補助する。

 【死亡ひき逃げ容疑で南部町の男逮捕】
 29日夜に南部町で発生した死亡ひき逃げ事件で、三戸署は31日、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)と道交法違反(救護義務・不申告)の疑いで、同町大向明土、会社役員の男(65)を逮捕した。容疑を一部否認している。

 【“アヤメロード”鮮やか】
 八戸市南郷大森地区の市道と県道沿いに約2キロにわたって広がる“アヤメロード”が見頃を迎えている。

 【八戸市中心街にシカ】
 八戸市内で31日、中心街などでニホンジカの目撃情報が相次いだ。市によると、同日午前8時ごろ、市民から沼館4丁目のショッピングセンター・ピアドゥ付近で目撃したと110番通報があったほか、三日町のさくら野八戸店近くなどでも目撃された。

お気に入り登録