コロナ持続化給付金詐欺、被告男に有罪判決/青森地裁

新型コロナウイルス対策で国が個人事業主に最大100万円を支給する持続化給付金をだまし取ったとして、詐欺の罪に問われた神奈川県厚木市戸室4丁目、とび職の被告男(23)の判決公判が31日、青森地裁であり、長橋政司裁判官は懲役3年、執行猶予5年(.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録