【八戸市長選】自民の対応が焦点 現職支援か新人擁立か

八戸市第2魚市場(荷さばき所D棟)の竣工式典後、場内を視察する大島理森衆院議長(左)と小林眞市長(中央)=1日
八戸市第2魚市場(荷さばき所D棟)の竣工式典後、場内を視察する大島理森衆院議長(左)と小林眞市長(中央)=1日
11月16日に任期満了を迎える八戸市長選を巡り、現職の小林眞氏(71)を支援してきた自民党の対応が焦点となっている。小林氏は去就を明確にしていないが、5選出馬に意欲的―との観測が広がる一方、党内に多選批判や世代交代を望む声が潜在し、新人待望.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録