つながり支えに雑誌手売り 震災で実感した路上生活者

 JR仙台駅前で雑誌を手売りする橋本明さん=30日
 JR仙台駅前で雑誌を手売りする橋本明さん=30日
仙台市で路上生活者を支援する雑誌「ビッグイシュー」を手売りする橋本明さん(73)は新型コロナウイルス禍でもほぼ毎日、人が多く行き交うJR仙台駅前に通う。売り上げは激減するが、支えになっているのは東日本大震災で実感した人とのつながりだ。 仙台.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録