天鐘(5月31日)

6世紀半ばに日本に入ってきた疱瘡(ほうそう)(天然痘)は時も所も構わず大流行。江戸時代には徳川将軍15代のうち罹(かか)る間もなく早世した7代家継を除き、残る14人全員が罹患(りかん)している▼同時代の天皇家も15人中7人が発症する感染力で.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録